堀北〇希似の清楚な人妻と一夜限りの中出しセックス

3か月ほど前に出会い系サイトで、既婚の女性と出逢いました。
彼女の呼び方は、そうですね…真希とでもしておきます。
堀北〇希似のOL兼主婦の31歳でした。

外見上は清純な女性職員で軽々しい男を寄せつけないビジネスウーマンといったそんな印象をもった女性で、私は夢中になっていました。
私の職種に関心をもったのか、私と真希の関係はすぐに親しくなったのです。

彼女も勤務しているおかげで、言い訳しやすく、週毎に顔を合わせることもできました。
それに週末の夕方も同僚とのディナーやお酒の席を理由にして、ご主人へのアリバイも万全だったのです。
ご主人も純朴な雰囲気の妻をもった事によって心配していなかったのでしょう。
彼女の嘘を特に疑いもなく信じ切っていたようです。

私と真希は現実のカップルと同じ様に愛し合っていました。
その一方で、やっぱりと言うかあたりまえですがコンドームを装着していました。
私は、中出しをしたかったのですがずっと機会がなかったのです。
そんな時に私はあれこれ検討したあげく、ある手口をやってみることに…。

いつも通り、私と彼女は晩ごはんを食べて、うっすらとお酒を入れてラブホテルに移動しました。
よくあることで、彼女はお酒が入ると大胆に変貌するたちでその時ホテルのドアを開けると、すぐに私に抱きつきキスしてきました。
私も自然に唇を重ね、舌を絡ませつつ彼女の唾液を味わいました。

もはや私の男根はビクビクと反応してどうしようもありません。
そのような私の気持ちをわかってかお酒で酔っている彼女は私の男根をズボンの上からやさしく触ってくれます。
「もうこんなに固くなってるね」と彼女。

いよいよ私もいっぱいいっぱいです。
私は彼女をベットに押し倒し、スーツを脱がしながら、おっぱいやオマンコ、クリトリスを愛撫しました。
ショーツとブラジャーだけとなった時には、彼女の下着には広いシミがはっきりとしていました。
「真希もたくさん濡れてるね」とそっと話しかけると照れくさそうにうつむく彼女。
仕事の時は男に張り合っているそんな姿からはイメージできない女の顔です。

私は本当に愛くるしいと思い「彼女の中に出したい」とそのタイミングで思わされました。
そっとショーツを脱がすと、真希のオマンコが目前に見られました。
既婚の女性とは思えないほどの右と左が美しくそろった桜色のオマンコが口をけているのです。
ショーツの上からの刺激でとっくに口を開き凄まじく濡れていました。

私は蜜を舐め吸いあげるように彼女のオマンコを舐め、そして彼女の蜜を飲みました。
シャワーを浴びていない彼女のオマンコはちょっと酸っぱみのある甘めのヨーグルトといった味わいがありました。
私はこのような風味が、大好きです。

彼女も私の口と舌を使った愛撫に感じ、興奮し、悶絶しています。
私は今にでも挿入したい本心を制しながら、愛撫を続けました。
その理由はある作戦を考えていたためです。

いつもなら、それからフェラをしてもらい、彼女の中に挿入していたのですがこの日のセックスでは、ずーっと私は愛撫をやり続けていたのです。
指を利用したり、舌を用いたり考えられるだけの愛撫をかなりの時間にわたってやりました。
彼女はそういうことには気付かず何回か私の指と舌で絶頂を迎えていたのです。

女性のオマンコというものはほんとうに謎です。
絶頂を迎えれば迎える程に穴は拡大して行き、蜜の量も増えてくるのです。
洞窟かのようなちっちゃい穴がパックリと口をあけているのです。

何回も絶頂を迎えている彼女も限界まで近くなってきたのか「はやく入れてよ!」と言ってくるようになりました。
しかし、そこで私は自分を抑え、このように話しました。

「僕は君のことが大好きだから、愛情の印に君の中に出したい」って…。
この話を受けて彼女はしばらく、考える顔つきを見せました。
「だめだよ…」と言った後、彼女は 「でも今日だけ特別ね」と。

私は計り知れないほどの歓びを落ち着かせつつ、口を開いた彼女のオマンコに男根を押し当てました。
しかし、まだ挿入することはせず男根の亀頭をうまく使いクリトリスをこすりました。
その摩擦で彼女はふたたびビクビクっと体を痙攣させ絶頂に到達したようでした。

彼女の顔はお酒と何回も経験した絶頂が原因で、真っ赤になっていたのです。
息も絶え絶えで、もう気絶してしまうかもしれないほどの息づかいでした。

「はやく入れて、私死んじゃいそう…」と今日まで見たことのない顔を見せる彼女をみて「わかった、それじゃ入れてあげる」と少し高圧的に言ってみました。

彼女のオマンコの中に私自身を深く突き立てて挿入していきました。
嬉しくなった明るい表情を見せる彼女は、美しく見とれてしまうほどでした。
私はゆったりと、そして深々とピストンをはじめました。

彼女のオマンコは途中でちょっと右に曲がる形の穴をしていて、私自身も右曲がりなので肉体的な相性もちょうどいいらしく私が入ると彼女もリラックスするのです。
ちょっと奥深いところに突き立てると子宮口のようなものの触感があり大きさも十分なようでした。

私は緩急をつけ勢いよく腰を使って、いままで耐えた反動みたいに荒々しく、ピストンを続けました。
普段と異なる私の動きに彼女も抱きつくように腰を引きつけてきたのです。

ここまで我慢してきた昂ぶりとじかに伝わってくる彼女の体温とフカフカの膣壁の触感にいつも以上に絶頂は短時間で訪れました。
その時、私は彼女の腰をひき付け膣の奥深い場所に射精しました。
彼女も私の精液の温か味を感じられたのか射精の時「うっ…」とちょっとだけ声をだしました。
何回もビクッビクッと彼女の子宮口付近に射精するたびに彼女はグイッと私に抱きついてきました。
膣の中では私の精液を吸引しているように子宮口が小刻みな動きをしていました。
私は、その小刻みな動きに何回も身を任せ射精しました。
これまでイメージした事がないこの感覚は、

本気で天にも昇るくらいの状態でした。
それから、共に繋がったままでキスやおっぱいを愛撫しながら、しばらくその状態でいました。
お互いの息が平穏になるまで、そのままでいました。

そうして私が彼女のマンコから男根を外したら、意外にごく少量だけしか精液が出てきませんでした。
あとで知ったことなのですが、絶頂を迎えた子宮は精液を取り込みそれから気持ちが安心すると口を閉じるような仕掛けになっているそうなのです。
私たちはいつの間にか生き物の本能かわかりませんが、本来の交尾していた様です。

彼女もはじめての膣内射精に興奮していました。
「体の中に温かいお湯を浴びせられていたような体感だった」と言っていました。
彼女のご主人はお堅い人柄のようで夜の夫婦生活ではコンドームを必ず付けていたそうです。
とても淡泊なセックスで彼女のことを考えないで、自分だけすっきりとなって射精したら終らすようなセックスだと彼女は言っていました。

「またエッチしようね」と彼女も幸福感いっぱいで、中に射精したこともきれいに頭から消えていたようでした。
私自身も中出しをした余韻と高揚で、放心状態のまま時間は過ぎていきました。
帰りがけに彼女自身、マンコの汁がとまらず、ナプキンを着用して自宅に戻りました。
私の人生で最高に幸せな体験でした。